97年に見た、舞台のレビュー

これは日付順の索引です。 ----------------------------------------------------------------------
題名:おんなの花道 雪月花--恋姿七変化--
日時:97年1月4日 12:30-15:00?
場所:金沢市民芸術村  ドラマ工房 Pit2
劇団:御供田(ごくでん)幸子一座
料金:寄付500円+カンパ100円
演目
	オリジナルソング歌唱指導
	市会議員挨拶
	花の舞踊ショー
	こまどり姉妹演歌ショー
	ゲスト歌謡ショー
	民謡ショー

金沢市民芸術村こけら落し演劇祭参加作品です。母親と一緒に見に行きました。
この一座は昨年北国風雪賞というのを取ったそうです。
金沢市民芸術村は犀川とJR線が交差したところの金沢駅よりにあります。
昨年の秋あたりにオープン、紡績工場跡を改装したもののようです。外側が煉瓦、
内側が木造でした。Pit1はエコライフ工房、Pit2がドラマ工房、Pit3がオープン
ステージ、Pit4がミュージック工房、Pit5がアート工房となっています。
Pit2は広間に少々の高さの舞台がおいてありました。私たちはござの上に
さぶとんという体勢で見てました。ござの両側には椅子が少し、全部で200人
程度でしょうか、立見も出る盛況でした。このPit2にぎっしり人をいれれば
300人程度ははいるでしょうか。もっともまんなかに何本か柱がたってますので
見えにくい席が出来てしまうでしょうね。
入場料は500円、これは全額を新聞社などを通して公的機関に寄付するそうです。
これとは別に芝居の途中で網笠によるカンパがまわってきました。
この一座、旗揚げ以来15年間で大小公演600回をこなしたそうです。
いろんなところへのボランティアの慰問にも行っているとか。
観客はまさに地元の人達、舞台までおひねり渡しに行った人の中には
母親の小学校の同級生もいたそうです(^^;)
内容は一部は時代劇の扮装をしての舞踊や歌、二部はゲストによる
歌謡民謡ショーでした。これこそまさに大衆演劇なんでしょうねえ。
人気のある役者の舞踊ではおひねりがそこらじゅうからとんでました。
舞台に物が飛ぶのを見たのはぬいぐるみが飛ぶのを見て以来二度目でした。
客にはおっかけの人々もいるようでしたね。歌は新人演歌歌手と
素人歌自慢の方々でしたが、雰囲気は堪能できました。
それにしても舞台で金沢弁を喋られるとなんだかとっても新鮮ですねえ。

----------------------------------------------------------------------
題名:TAPDOGS
日時:97年1月12日14:00-15:20
場所:シアターコクーン
座席:E1(前から8番目あたり左端)
料金:10000円

最初のシーンでまずびっくりしました。膝から上を隠してタップを踏んでいて
いつのにか左足と右足が離れて行く。。実はふたりの人が足を片方ずつ
出してただけというたわいもないものなんですが。舞台に比較的近かったので
タップの群舞は迫力満点。体を吊って逆立ちしてのタップは、見ている方が頭に
血が昇るくらい(笑)な迫力でした。天井で踏まれるタップの音はまた違って
きこえますね。本物の水をかぶってのタップもすごい。途中で支えがはずれかけ
ていても手で押さえ付けてそのままタップ!!ちょっとずつる舞台を変化させて
見飽きないようにさせているのはさすがです。。
しかし1万円だして1時間20分というのは少々寂しい気がしました。
貧乏人根性なのかなあ。

----------------------------------------------------------------------
題名:寄席快楽亭やれば出来るぞ古典落語
日時:97年1月27日19:00-21:00
場所:文芸座ルピリエ
座席:後方中央
料金:1800円

談 生      大工調べ+三方一両損
談之助      兵庫舟
清 麿      千早ふる
川 柳      首屋
ブラック     味噌蔵

古典をやるということでしたが、案の定まともにはしてくれませんでしたねえ
談之助さんは黒紋付を突然脱いだと思いきや派手な衣装が衣の下から(^^;;)
会場内駆け巡りでした。まさに凶器攻撃というか。。
千早ぶるはフルバージョンでしょうか。ふたつの句の意味を説明したのには
初めて出会いました。なるほどなるほどとうなずくばかり。。
川柳師匠のくびやははじめて出会いました。なかなかまともで良いですね。


----------------------------------------------------------------------
題名:天守物語
日時:97年1月30日19:00-21:10
場所:シアターアプル
座席:16列23番
劇団:花組芝居
料金:招待券で見させていただきました

豪華な衣装、派手な演出。芝居の前半部分がとくに好きですねえ。
新感線かと思うばかりの舞台作り。後半部分はちょっとテンポが落ちた感じ
がしました。もののけたちがちょっと弱くてかわいそうでした。

----------------------------------------------------------------------
題名:カルメン
日時:97年2月1日19:00-20:40
場所:新宿文化センター
座席:11列23番
劇団:アントニオガデス劇団
料金:S席14000円

オンチケで譲っていただきました。実は感想書くのが条件だったんです(^^;)
ご当人には旅先からの葉書に感想をくわえて送りましたが、ここにはまだでした。
カルロスサウラ監督の映画は好きなんですが、その監督がこの舞台作りにも
ひとやくかっているんですね。
オープニングの群舞がとにかくすごい。フラメンコってこんなに迫力
あったのかと改めて感動しました。大人数で足を踏み鳴らして前へ迫って
こられるとすごい威圧感がありました。アントニオガデスさんは確かに華が
ありましたが、もう10年早くみたかったですねえ。
敵役のおにいさんがめちゃくちゃかっこいいです。ほれぼれしてしまいました。
また機会があれば見に行きたいと思っています。

----------------------------------------------------------------------
題名:末広深夜寄席
日時:97年2月1日22:00-23:30
場所:新宿末広亭
座席:2列目右端
料金:500円

うえ〜ん、記録を失ってしまいました ;_; ;_:

----------------------------------------------------------------------
題名:鈴本早朝寄席
日時:97年2月2日10:00-11:30
場所:鈴本演芸場
座席:5列目右より
料金:500円

菊若    山崎屋
小きん  まんじゅう怖い
亀蔵    堀の内

山崎屋ははじめて聞きました。いやなんとも後味がいまいちの噺ですねえ
なんだかうまくはいりこめませんでした。掘りの内は粗忽者がかわいい。

----------------------------------------------------------------------
題名:本牧亭講談定席
日時:97年2月2日13:00-16:00(中入りで帰りました)
場所:池之端本牧亭
座席:右側の壁の手前
料金:2000円

演目
    東鶴    坂本竜馬の生涯「竜馬の縁結び」
    琴星    大久保彦左衛門「梅の木のご意見」(木村の梅)
    貞心    次郎長とはくざん

用事があって中入り前で帰りました。
貞心さんの声がいちばん心に染みいりました。
すごくめりはりが聞いていて物語にどんどん引き込まれていくんですね。
講釈ですからどこまで本当かわかりませんが(^^;)森の石松は架空の人物
だってことははじめてききました。
それにしても次郎長よりかっこいいはくざん先生(^^)でした。

----------------------------------------------------------------------
題名:末広亭定席
日時:97年2月3日19:00-21:00(途中から聞きました)
場所:新宿末広亭
座席:左側桟敷の最後部
料金:2200円

節分の日に呑みながら豆まきをみようと酒を抱えて末広亭へ。
末広亭で定席を見るのははじめての経験です。
なんと末広亭って飲酒禁止なんですね。鈴本でも池袋でもOKなもので
末広も大丈夫だとばっかり思ってました。抱えて行った酒瓶はなくなく
そのまま持ちかえるはめに。
着いたのは午後7時その時点でほぼ満員、最後は立ち見でした。
中入り時に豆まきがあったのですが、私が座っている所まで届いたものは
残念ながらひとつもなし。。

この日の番組のメモを紛失してしまいました。
覚えているのは小朝師匠の「紀州」と志ん朝師匠の「強情灸」
小朝師匠はふくらませてあるところで受けてました。
志ん朝師匠のは頑張っている顔がなんともいえず感じがでてましたねえ。

----------------------------------------------------------------------
題名:朝日のような夕日を連れて
日時:97年2月8日14:00-16:10
場所:紀伊國屋サザンシアター
劇団:第三舞台
座席:10列16番
料金:5500円

みなさん歳をとりましたねー。なんだか見ていてしみじみしてしまいました。
もう二度とこの舞台を見ることはないんだろうなあ。
名人による落語の古典を聞いている気分です。お約束のギャグにお約束の反応、
慣れ親しんだ心地よい世界。前回と比べておもちゃがあまり変わってないと
いうのもそう感じさせる一因でしょうね。
途中で客席に向かって花火が飛ぶのですが、テープなどの中身がちょうど私を
直撃しました。いやいやびっくり。

----------------------------------------------------------------------
題名:PARTNER
日時:97年2月8日19:30-21:00
場所:OFFOFFシアター&駅前劇場
劇団:遊気舎
座席:いろいろ
料金:3000円

オフで見せて貰いました。幹事さんご苦労様です。
毎回楽しみな遊気舎、今回はどんな遊びを見せてくれるかわくわくしていきました。
最初にOFFOFFシアターにはいったら案の定、何の劇もはじまらないうちに
駅前劇場へ移動。整理番号付入場は全く意味がなかったんですね(^^;;)
そして始まるとすぐに終了の挨拶が、、本当に終るかとハラハラしました。
実際に終っても私は良いと想いましたが、それだと納得しない客もいるだろうなあ。
客が噺の進行を選択出来るようになっておりまして、劇場二つで違う話をする
分岐もありました。私の選択ではうべんさんの演技を見ることが出来ました。
本筋だし50cmくらいの距離でうべんさん見れたので嬉しかったのですが、、
それが終って隣の劇場へ合流しようとしたとき、扉が閉まった劇場内でわーわー
言う盛り上りが、、なんだったんだろう??とっても見てみたい〜でも扉は閉まった
ままでした。(;_;) 劇場と劇場の間のロビーに小さな舞台を作られてまして
そこでも何か寸劇が行なわれていました。じっくりみたかったのだけど、スタッフ
にせきたてられて残念ながらほとんど見ること出来ず。欲求不満。。
オフの二次会ではうべんさんが前に座られまして、ファンの私はずっと舞い上がって
いました@^_^@ 。遊気舎にはもっとへんな企画をばりばり行なって欲しいものです。

----------------------------------------------------------------------
題名:鈴本早朝寄席
日時:97年2月23日10:00-11:30
場所:鈴本演芸場
座席:5列目右より
料金:500円

三三    雑俳
新潟    初天神
小太郎  まんこわ
扇辰    ざこ八


こんな初天神があって良いものでしょうか?
学校寄席でかけるということで糞真面目に古典落語をさらうということで
はじまったのですが。。。やけにテンションが高くて子供の声は裏がいるし
上下はシュールだし、なんだか不条理劇を見てるようで大笑いさせていただきました。
次にあがった小太郎さんが「あの噺の後でいったい私に何をやれと?」
楽屋でも大受けだったようです。

----------------------------------------------------------------------
題名:神田茜の処女出版記念ライブ『きいてよ』
日時:97年2月18日19:00-21:00
場所:東京芸術劇場小ホール2
座席:E−10
料金:前売2500円

番組
    柳家喬太郎    新宿西口今佐別館
    三遊亭新潟    最高のイブ
    立川志の輔    スキスキ金右衛門様
    春風亭昇太    ぼたんとうろう
    神田茜        でもね

大入り満員。全員が茜さんの持ちネタをかけるという趣向でした。
喬太郎さんは自分の持ちネタを演じているかのように自然でした。喬太郎ワールド
と茜ワールドは大幅に重なっているんでしょうねえ。
新潟さんはあいかわらずヘンでした。志の輔さんはこんなんじゃなかっと
ぼやきながらの言い訳付、志の輔さんにはストレートに演じてみて欲しかった。
ぼたんとうろうは女装した昇太さんが切れた演技?をしてました。
とりの茜さんはさすがにおもしろい。きっちりしめてくれました。
本当に多彩な持ちネタあるんですねえ。
茜先生にはもっといろんな方面に頑張って行って貰いたいものです。

----------------------------------------------------------------------
題名:落語芸術協会土曜会
日時:97年2月22日16:45-21:00(18:10から見ました)
場所:吉池本館7F
座席:最前列右側
料金:1200円(18時以降割り引き)

演目
    小柳枝            時蕎麦
    ボンボンブラザース    曲芸
    雷蔵            猫久
    柳橋            こんにゃく問答
    歌六            のこぎり音楽
    いるか          持参金
    円             ごんすけ魚
    小天華          奇術
    米丸            旅行カバン(駅のホームで忘れ物をする噺)

この日が吉池最終回。そのせいか大入り満員で、出演者が皆口を揃えて
「これだけ入れば吉池がなくなることもないのに」
ボンボンブラザーズの曲芸は目の前で見てると本当に迫力がありますね。
ここでしか見たことがないのですが(^^;) 
米丸師匠の噺ははじめて聞きました。なんとも風変りな味わいですね。
吉池の最後はあっさり終ってしまってちょっと拍子抜けでした。


----------------------------------------------------------------------
題名:樺太兄弟サハリンズデビュー
日時:97年2月28日19:00-20:30
場所:文芸座ルピリエ
座席:最前列右端
料金:当日2000円

演目
    サハリンズのコント集
    エルム街の紙切り
    ターミネーター2
    大福ブラザーズの曲独楽
    男の紙きり
    7人の猿蟹侍
    ごあいさつ

客席は7割程度の入り。
なぜサハリンズかというと、

1。ふたりともサハリンで営業をしたことがある
2。演じると客席を凍り付かせる

というところから来ているそうです。
もちろんこの企画に来ている客は2の条件も百も承知で来ていると思うのですが、、
それでも思わず引いてしまうシーンが何度も(^^;;)半端な凍え方ではなかったです。
ゲストの大福ブラザーズはうってかわった高いテンション。ブラザーズ片割れの
WAHAHAの佐藤さんは「第17捕虜収容所の芝居稽古でストレスたまってるから
ここで発散だ〜」と切れまくり。めちゃくちゃ受けまくってました。
まあまあおもしろかったのは7人の猿蟹侍でしょうか。
紙切りで時間を持たせるのは難しいんだなあと痛感しましたね


----------------------------------------------------------------------
題名:鈴本早朝寄席
日時:97年3月2日10:00-11:30
場所:鈴本演芸場
座席:前方右より
料金:500円

演目
喬太郎    按摩の火燵
風太郎    湯屋番
窓樹   蛙茶番

按摩の火燵ははじめて聞きました。う〜む、なんとも言えない筋ですね。
喬太郎さんがさらっとやってくれたからいいけどなんだかどんよりしてしまうかも。


----------------------------------------------------------------------
題名:エリザベート
日時:97年3月8日13:00-16:00
場所:東京宝塚劇場
座席:3階チ23番(左手最後列よりひとつ手前)
劇団:宝塚歌劇星組
料金:D席1100円

星組エリザベートは大劇場に続いて2度目、エリザベートは結局全部で4回
見たことになります。私にしては大はまりと言えるでしょう。
ウィーンと宝塚、どちらの演出も個性的で見ていて楽しいものがあります。
今回のトートは野獣を思わせる感じでしたね。とても生々しく感じました。

----------------------------------------------------------------------
題名:三月大歌舞伎夜の部
日時:97年3月8日16:30-20:30(17:15から見ました)
場所:歌舞伎座
座席:2階ろ−24(中央2列目)
料金:6000円(団体料金)

演目
平家蟹(へいけがに)
英執着獅子(はなぶさしゅうちゃくじし)
篭釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)

平家蟹はホラーっぽい話でした。
篭釣瓶花街酔醒は主人公がかわいそう。
なんだかあまりに唐突なぷっつん。。。

----------------------------------------------------------------------
題名:あなたが地球にいた頃
日時:97年3月9日14:00-16:00
場所:池袋サンシャイン劇場
座席:1階11列4番(まんなか左手)
劇団:キャラメルボックス
料金:4000円

大家さんが良い味だしてましたねえ。大家さんの職業はいったい何なのでしょう?
出てくるひとが皆好き放題に生きてるって感じが伝わってきます。

----------------------------------------------------------------------
題名:池袋演芸場昼席・夜席
日時:97年3月15日15:45-16:30, 18:00-19:30(昼席中入り後から見ました)
場所:池袋演芸場
座席:最後列中央
料金:2800円(夜席料金)

演目
昼席
橘家円蔵    反対車
林家二楽    紙きり
三遊亭金馬    花見の仇討ち

夜席
三遊亭吉窓    動物園
柳家さん喬    そば清
川柳川柳    五輪の書
翁家勝之助    曲芸

入れ換えなしの場合は昼席の中入り後からはいると夜席料金になって
夜席まで出入り自由になるようです。それなりに美味しい制度ですね。
反対車は熱演でした。金馬さんは初見ですがなかなか聞かせてくれますねえ。
五輪の書もはじめてでした。ガーコン以外でもおもしろいですね。

----------------------------------------------------------------------
題名:鰻の出前
日時:97年3月16日14:00-16:00
場所:新宿THEATER/TOPS
座席:N列中央(最後列)
劇団:ラッパ屋
料金:当日3800円

当日券発売は開演1時間前、発売時に並んでいた人は全員買えたようです。
ラッパ屋は本当に安心して見ることが出来ますね。
いろいろ胸につきささるシーンもありましたが(笑)ずっと
笑い続けてました。

----------------------------------------------------------------------
題名:12人の入りたい奴ら
日時:97年3月20日14:00-16:15
場所:全労済ホール スペースゼロ
座席:P−16(最後列ひとつまえ中央)
劇団:G2プロデュース
料金:4000円

豪華な顔ぶれです。もうちょっと扉の前でもたつくかと思っていたら結構
あっさりはいれましたね。カーク船長は大笑い、ひびきのの伊藤はちょっと
浮いていたのが残念。後日談はなかなか魅せました。

----------------------------------------------------------------------
題名:下ネタから見たフレッド・アステアの存在論的考察
日時:97年3月20日19:00-20:30
場所:下北沢駅前劇場
座席:中央右端
劇団:ECNA−D
料金:当日3500円

下ネタ+アステアということで初見の劇団なんですが、見に行ってみました。
最初はAVが背景に写されて、次にアステアのダンスシーンが。。
確かにティッシュの箱を持ったスリラーのダンスはかっこよかったと思いましたが、、
それいがいはちょっと。。下ネタというならもうすこし精進してほしいと
思いましたね。まずは快楽亭ブラック師匠あたりで勉強してほしいなあ。

----------------------------------------------------------------------
題名:鈴本早朝寄席
日時:97年3月23日10:00-11:30
場所:鈴本演芸場
座席:前方右より
料金:500円

演目
扇好    悋気の火の玉
彦いち  感情の詰所?
助平    うどんや
小太郎  あくび指南

彦いちさんがシュールです。まったく笑えないんだけどなんだかおもしろい。
この場合はどういうふうに表現すればいいんでしょうねえ。
皆さんまあ一度見てやってください。

----------------------------------------------------------------------
題名:雲にのった阿国
日時:97年4月3日19:00-21:30
場所:下北沢本多劇場
座席:E列17番
劇団:鳥獣戯画
料金:招待券で見せていただきました

チケットを貰って行きました。ありがたいことです。
途中のONEまではテンポも良くなかなか楽しく見ることが出来ました。
でもその後がちょっと間延び、2時間半を休憩なしで見るのはきびしいです。
ONEで終わっていてもいいんじゃないかなあ。

----------------------------------------------------------------------
題名:ヘアー’97
日時:97年4月4日19:00-21:30
場所:パルコ劇場
座席:最前列中央
料金:9000円

主役の別所さんはかっこいいです。
冒頭でアクエリアスがかかるとそれだけで泣けてきてしまいました。いや〜
私もそういう世代だったとは(^^;;) 演技としては井上肇さんがぴかいち。
カーテンコールの時には客を舞台へたくさん引き上げて踊ってました。
かくいう私も最前列に座っていたのでいの一番に引きあげられてしまいました。
パルコ劇場の舞台を踏む時がこようとは(笑)
井上肇さんとはべあはっぐしてきました。(^^;;)


----------------------------------------------------------------------
題名:草迷宮
日時:97年4月5日14:00-15:40
場所:シアターコクーン
座席:E列11番
料金:9000円

浅丘ルリ子さんは凄味の利いた美しさを持っていました。
どこもかしこも幻想的なシーンばかり。
まるで夢の中を見ているよう。時間的な長さも現実を忘れているのに
ぴったりだと思いました。いや〜絵になる作品です。

----------------------------------------------------------------------
題名:小朝の特選若手会その八〜三題噺バトル十番勝負Vol.5
日時:97年4月5日17:30-21:00
場所:池袋演芸場
料金:前売2500円
座席:最前列右端

演目
      三遊亭小田原丈         必殺指圧人
      林家 彦いち           みんな知ってる
      入船亭 扇治           厩火事?(ちょっと変形)
      春風亭 小朝           目薬
      柳家亀太郎             三味線
      柳家 花緑            大工調べ
     〜仲入り〜
      三遊亭 新潟           ワンダーフォーゲル・ラブ
      柳家 喬太郎           すみれ荘201号
      すず風にゃん子と金魚  漫才
         〜三題噺対決〜柏餅、枝垂れ桜、ビッグバ
      桂  三木助            びっくりやの新製品開発の噺
      林家 たい平           明烏の変形?

ひさびさに感想書きましょう。満員立見でした。
彦いちさんのこの噺ひさびさに聞きました。これってオチもないんだけど
なんとなくヘンでいいんですよね〜。
目薬は初めて聞きましたが、バレ噺だったんですねえ。
花緑さんの棟梁の啖呵には思わず拍手。すごい早口で立板に水に捲し立てました。
それにしても大工調べ聞く度にかわいそうな大家さんと思ってしまう。。
喬太郎さんは今日は三曲歌いました、錦糸町、湯島、そして沖縄。
CDでも出してくれれば良いのに。今まで聞いたすみれ荘の中で一番乗っていた
ような気がしました。三木助師匠の噺は、「貸しはもち ろん」
「し、誰が桜」「びっくりやの番頭」。たい平さんのは、、忘れました(^^;)
噺が終ったのにひとつはいってなくて、後日談が続いて行きました。
今日は三木助師匠の勝ち、ちゃんと噺になってましたからね。


----------------------------------------------------------------------
題名:バロンの末裔、グランド・ベル・フォリー
日時:97年4月13日15:00-18:40
場所:東京宝塚劇場
座席:2階左手
劇団:宝塚歌劇月組
料金:A席6800円

久世さんはかっこいいですねえ。あらためて惚れなおしました*^_^*
これでさよならというのがとても残念です。
筋書きがもう少し急転直下的な終わり方でなければもっとおもしろく
なったでしょうに。なんだかばたばた行ってしまった感がありました。
レビューはとても楽しい。いままでのなかで一番楽しかったかも。

----------------------------------------------------------------------
題名:第17捕虜収容所
日時:97年4月16日19:00-21:30
場所:スペースゼロ
座席:L−13
劇団:自転車キンクリートSTORE
料金:4000円
                                                                     
長めの上演時間なのにあっというまにたってしまいました。
大人数が出演しているのに各々の性格描写がちゃんと行われて
話が広がって行きます。看守役の佐藤さんもすごく存在感がありました。
スパイの正体が明らかになるところでは思わずほろり。でも客に対して先に
わかるような描写というのはちょっと興ざめでしたね。
私はこの作品は映画でも見たことないはずなんですが、煙草時限装置ネタは
聞いたことがありました。うーむどこかで見たのかそれともぱくりを聞いた
ことがあるのか。。
ところで同行の友人は「男同士が怒鳴りあう芝居はちょっと。。。」
確かに言われてみれば皆さんどなりあってばっかりですよねえ。

----------------------------------------------------------------------
題名:美女と野獣
日時:97年4月19日13:00-15:40
場所:赤坂ミュージカル劇場
座席:1列34(最前列右端ちかく)
劇団:劇団四季
料金:10000円

配役
ビースト:荒川務  ベル:堀内敬子 モーリス:天井健二 ガストン:野中万寿夫
ルミエール:青山明 ルフウ:治田敦 コッグスワース:松宮五郎
ミセスポッド:村田知嘉子 マダム・ブーシュ:武木綿子 バベッド:関谷理子
ムッシュー・ダルク:キムスンラ チップ:海宝直人

娯楽大作ですね。美女と野獣は二年前にブロードウェイで見て以来二度目の
観劇です。この前は2階席の一番奥、今度は端とは言え最前列、さすがに
今回の方がいろいろ迫力を感じましたね。
まず最初の花火でびっくり。次にベルがかわいくてびっくり。
ビアジョッキを使ったダンスは迫力がありましたし、一幕の終わりの
宴会も派手でなかなか結構。ビーストの変身が解けるところもかっこいいです
ねえ。荒井ビーストなかなか良かったです。アニメだと変身とける前
の野獣の姿のほうがかわいかったりしましたが、こちらではそんなことは
ありませんでした(^^;)

----------------------------------------------------------------------
題名:鈴本早朝寄席
日時:97年4月20日10:00-11:30
場所:鈴本演芸場
座席:最後列中央
料金:500円

    三三     おしくら
    鈴之助    町内の若い衆
    喜助     祇園祭
    喬太郎    竹の水仙 

おしくらははじめて聞きました。祇園祭りは三人旅の一部。
竹の水仙は凄いテンションでした。ネタおろしということでしたが
まだまだおもしろくなるでしょうね。私この話大好きなんでもっともっと
おもしろくしてほしいです。

----------------------------------------------------------------------
題名:木に花咲く
日時:97年4月20日15:00-16:40
場所:渋谷ジャン・ジャン
座席:左側座席3列目左端
劇団:演劇企画集団66
料金:招待券で見せていただきました

ジャンジャンはじめて。最初の踊りはなんなのでしょう?
常田富士男さんがよかった、それから坊やもよかった。
しかしなんか長くかんじちゃったなあ。
体調が悪かったせいか、暗くなると思わず目をつぶってしまい、
睡魔に襲われ。。演技はすごくいいんだけど。。。
「課長に昇進するだけが、、」という科白にはぐっさりきましたが。
なにせ私は同期でもっとも昇進おそくて、後輩が課長になって部下たくさん
持ってるのに私は事実上ひらで部下無しなんです。

----------------------------------------------------------------------
題名:鈴本早朝寄席
日時:97年5月11日10:00-11:30
場所:鈴本演芸場
座席:最後列中央
料金:500円

    三三    三人旅
    喜助   ごんすけ魚
    桂太  しびん
    三太楼 不動坊

不動坊聞くともう夏なんだなあと。
しびんは臭ってきそうな噺でした。
こういう噺をすると桂太さんいいですねえ。

----------------------------------------------------------------------
題名:熱闘!!飛龍小学校☆パワード
日時:97年5月11日14:00-16:40
場所:シアターアプル
座席:5列26番
劇団:惑星ピスタチオ
料金:4500円

保村大和さんの探偵がかっこいい。やっぱりいいわ腹筋さん。
もうちょい短いともっと嬉しいんだけど。
小学生という設定でない方がおもしろいような気がするんだがなあ。

----------------------------------------------------------------------
題名:本牧落語五人会
日時:97年5月24日13:00-15:45 
場所:お江戸日本橋亭
料金:招待券で見せていただきました( 当日2000円) 
座席:左手後方
番組
(前座さんは聞き逃しました)
鈴々亭馬桜        ぜんざい公社
林家正雀          星野屋
春風亭正朝        麻のれん  
柳家小ゑん        てれすこ
古今亭右朝        茶金

お江戸日本橋亭は初めてでした。日本橋の地下鉄地下道って長いですね。
日本橋亭は畳敷きです。壁際にちょっとだけ椅子がありますが、座りやすい
かどうかは?軟弱な私に3時間近くの座布団はやっぱり苦しいです。
馬桜さんはいかにも官僚という感じよく出てましたねえ。
怪談噺以外の正雀さんを聞いたのははじめて。怪談や芝居のイメージが
強すぎてなんかへんな感じでした。
正朝さんも麻のれんもはじめてでした。まくらのテンポがいいですね。
てれすこも落語としては初めて聞きました。
これは何十年前でしょうか、NHKの新八犬伝で犬飼道節がやってるのを見て
是非とも原典にあたりたいと思っていたものです。
人形劇の15分ではいっただけあって短い噺ですねえ。
茶金は好きな噺です。八五郎が茶碗が千両になったと聞いた時の表情がよかった。

----------------------------------------------------------------------
題名:鈴本早朝寄席
日時:97年5月25日10:00-11:30 
場所:鈴本演芸場
料金:500円
座席:右手4列目
番組

三三              道具屋
菊翔              天災
小きん            付け馬
小のり            ごんすけ芝居の最初
菊之丞            お江戸ニュース

今日はめずらしく5人でした。
小のりさんが10分程度で切り上げて、菊之丞さんがその後15分程度かな。

付け馬もどうも好きになれない噺なんですねえ。付き馬が悪役という
認識がないと楽しめないのではないかと。。いつ聞いても不幸な付け馬
さんに同情してしまいます。
菊之丞さん、けん台と原稿を持っての登場です。
まさしくアナウンサー口調でニュース原稿を読み上げて行きます。
ニュース内容は事件、街の話題、スポーツ、天気予報、交通情報と
通常のテレビニュースとそっくりの流れでした。覚えてる限りでは
銭形平次、赤穂浪士、暴れん坊将軍、金さん、芝浜、時そば、などが
ネタになっていたかな。落語ネタの馬鹿話を集大成してくれた感じで
大いに盛り上がりました。スポーツでは竜田川は豆腐屋になるために
廃業というのが大受けでした。天気予報では辻斬り注意報(笑)
演芸場をでる時に集団で聞きに来てた十代の子たちの中にまざってしまいました。
この子たちにもニュースは馬鹿受けでした。
たまにはこういうものを聞くのも楽しいですねえ。


----------------------------------------------------------------------
題名:バイ・マイセルフ
日時:97年5月25日14:00-16:40 
場所:パルコ劇場
料金:8000円
座席:N−9(最後列左より)

当日券狙いで12時過ぎに劇場に到着。当日は座布団席で45だけ売り出すとの
アナウンスがあり、46番目以降は関係者招待席のキャンセル待ち券を配りました。
私はキャンセル待ちの8番(泣)。楽日に8人もキャンセルするとは思えないので、
「チケット譲ってください」と紙に書いて入口付近でサバキに期待しました。
まず声をかけてくれたおばさんは小声で「いくらだす?」私が「定価で」というと
首をふりながら入場して行きました。うーん自分のチケットを売りつけようと
したのでしょうか?数分後におねえさんがすまなさそうに「一番後ろの席
で良ければ1枚だけあるんですが。悪い席ですいません」どこだって
良いに決まってるじゃないですか(笑)。お互いに助かりましたと言って
わかれました。結局紙を持って立っていたのは5分程度かな。

芝居は三谷さんの作品らしく、嘘に次ぐ嘘で逆転に次ぐ逆転。。
なんですがいまいち前半が長く感じられました。もうちょい短くして
休憩なくして一気にやってくれたほうが面白く感じられるでしょうに。
ネタばれしてから芝居のテンポはめっきりよくなりますね。
最後の逆転は私も完全に騙されました。「末は蛙か役者か」のエピソードは
お父さんがはげましてくれたというところでほろり、家族ネタにはやっぱり弱いです。  

この作品、再来年に再演することが決まったそうです。三谷さんは脚本に
手を入れるでしょうか?もしそうなったらもいちど見てみたいと思います。
それにしても8000円の出費は痛いです。午前中が500円の早朝寄席
だっただけになおさらそう感じました。せめて5000円くらいにならないの
かしらん。

----------------------------------------------------------------------
題名:晴れた日に永遠が見える
日時:97年6月7日12:00-15:00 
場所:日本青年館
劇団:宝塚歌劇雪組
料金:A席5000円
座席:1階N21(後方左手通路側)

ブロードウェイミュージカルです。これは小品という感じになるのでしょうか。
ニューヨークご当地芝居ですね。見ながらニューヨークへ行ってもまともに観光
してないなあ、等とあらぬ感想を持ってしまいました。群舞は相当に楽しいです。
デイジー・メリンダでずっぱり、突然切り変わるところ受けました。
これはSFネタなんですが、SFを期待していくと裏切られます。
筋が通らないシナリオにつっこみを入れる楽しみはたくさんありました。

----------------------------------------------------------------------
題名:失われた楽園−ハリウッドバビロン−・サザンクロスレビュー
日時:97年6月7日17:30-20:30 
場所:東京宝塚劇場
劇団:宝塚歌劇花組
料金:D席1100円
座席:3階イ64(最前列上手)

エンディングが悲劇で終わったのを宝塚で見るのは初めてのような気がします。
最初は「雨にうたえば」かと思いました。マックスがいやらしい悪役でよかった。
タイプライタ−のキーのダンスはおもしろい。
サザンはライトがついたとたんに色の洪水、サンバのリズムに眩惑されました。
とにかく楽しいレビューです。

----------------------------------------------------------------------
題名:「青空」〜川畑文子物語〜
日時:97年6月14日14:00-16:40
場所:博品館劇場
座席:最前列中央
料金:5700円

最初のタップから盛り上がり、1幕はあっというまに過ぎました。
諏訪マリーさん迫力満点、土居さんかわいい。
本間さん、最初は汗を吹き出しながらのタップでした。
差別ネタ、結婚トラブルネタは事実なんでしょうが、もうちょっと
なんとかならんかったもんでしょうかねえ。

----------------------------------------------------------------------
題名:鈴本早朝寄席
日時:97年6月22日10:00-11:30
場所:鈴本演芸場
座席:2列目右端
料金:500円

金太     お菊の皿
新潟     新・短命
彦いち    果てし無き土砂降り親子
窓樹     あくび指南


お菊の皿を聞くと本当に夏がきたんだなあという気になりますねえ。
新潟さんはまともに古典落語をするかと思いきや、噺はどんどん不思議な方向へ。
婿養子殺人事件の色彩を帯びてきます。確かに夫婦になって3年もしつづけるって
のは少々無理がありますよねえ。象の墓場ならぬ婿養子の墓場にも
笑いました。隠居さんが4人目の婿養子になって真相をあばこうとするが。。。
枕で「TVと違って落語は毎回必ず下げがあるのが良い」と枕をふっておいて
「握られていたみかんにはどんな謎があるのか、続きは来週」
本当に解決編を作って来週かけて欲しいぞ。
彦いちさんはあいかわらず枕がおもしろいです。どんどんおもしろくなってる
気がします。噺はなんだかなボクサーの息子とボクシングをやめ
させようとする母親の物語、なんだか本当にいそうな気がしてちょっと
背筋が寒くなりました。


----------------------------------------------------------------------
題名:あほんだらけ9
日時:97年6月22日14:00-16:30
場所:下北沢ザ・スズナリ
劇団:劇団東京ヴォードビルショー花組エキスプレス
座席:中央右端
料金:当日3500円

たまたま劇場の前を通りかかったのでなんとなくはいってみました。
生で山口良一さんを見てみたいとふと思ったのです。
冒頭のハリマオ=ゴムの水枕のテレホンショッピングにはまず大笑い。
最近こんなふうな番組が深夜枠に増えてますよねえ。
カワルゴッチによる世界征服の企みと数学仮面、ペプシマンもたわいのない
コントなんですが笑いのツボにはいったようでたいへん楽しませていただきました。

それにしても4分の1の確率であたりがある、ワサビ大福選択ゲームが
これほど迫力あるとはおもいませんでした。テレビでは良く見かけるんですけどねえ。
クイズはらさぐり王は客先参加企画でこれまた楽しい。4人の役者が2−13まで
のトランプのカードを引いて、数字が大きいものほど強い立場で議論をするのを
はたから聞いて引いたカードの数字をあてるというものです。
私も上と下はあたったんですが。。
後半のマジックは素直に驚きました。
なんとなくはいった割りには大当たりだったと思うのですが、ねがわくば
もうすこし短い舞台であればより楽しめたでしょう。2時間半をスズナリの椅子では
お尻が痛くなってしまいました。サラリーマン物語やダムに沈む村などの寸劇を
抜いてしまって冒頭のハリマオのテンションで最後まで突っ走って欲しいなあと。

----------------------------------------------------------------------
題名:鈴本早朝寄席
日時:97年6月29日10:00-11:30
場所:鈴本演芸場
座席:2列目右端
料金:500円

演目

菊之丞    初天神
さん光        金明竹
扇治     4月の小朝の会で作った三題噺(桜見物、覗き見、遅刻)
喬太郎        猫久

初天神、子供があばれる姿がとてもおかしい。
さん光さんは初めて聞きました。よたろうのあほさ加減がいいですね。
扇治さんの噺ははじめて聞いたのですが、古典だと思って疑いませんでした。
これが1時間程度の時間で出来てしまったとは本当にびっくり。
とても良く出来た噺だと思います。噺の中に出てくる店の主人がなかなか
いやらしくてうれしい。

----------------------------------------------------------------------
題名:喬太郎伝説パート1<与話情浮名夕鶴>
日時:97年6月29日19:00-21:30
場所:なかの芸能小劇場
座席:最前列中央付近
料金:DM割引1800円

演目
さん市    真田小僧
喬太郎    井戸の茶碗
小正楽        紙切り
喬太郎    与話情浮名夕鶴


満員立見。
最前列中央部のみ台+ござ+座椅子となってました。私はそこに座りました(^^)
なんだか良い雰囲気ですね。これで団扇にビールとなると最高なんですが。
最初は落語ジャンクションのノリでスライドでタイトルが出ました。
さん市さんはしごくまっとうに真田小僧を演じました。
きっちりやるとはまさにこのことでしょうか。
喬太郎さんもまさしく古典。これはわたしがもっとも好きな噺のひとつです。
場面に引き込まれて聞いていました。ただ多少緊張されているようだったのは
ちょっと残念。仏像の売上を50両と言ったときはどうなるかと思いました(^^;)
それにしても善人しか出ない良い噺ですよね。
紙切りはこれほどちかくで見たことがなかったのですが見事なものですね。
最初はお囃子で切って、客のリクエストは洋楽。これはこれでいいなあ。
リクエストはつがいの鶴、野茂英雄、屋形船、幽霊。遠くであがる花火を見る
屋形船がなかなかきれいでした。

さてトリは、、ホテトル音頭がかかると同時に真っ暗になりました。
喬太郎さんが出てきてピンスポットがあたって噺がはじまりました。
つるが恩返しに戸を叩きます。ここでのBGMはいとしのエリー。
鳥であることはすぐにバレ、そこから主人公の苦悩がはじまります。
最後もライティングを活用してまるで小劇場の一人舞台を見ているかの
ようでした。

この芝居、もとい独演会は予約で満員になったため、同一内容で
再演されることになっています。7月28日(月)だそうです。

----------------------------------------------------------------------
題名:インドラの湖
劇団:ドタマティックミュージカルシアターマガジン(これが劇団名でいいんですか)
場所:アートスフィア
料金:招待券(読売新聞)
作・演出:船越英一郎
出演:井上一馬、Mink、etc.

招待券は束で出してたようでした。
なんといって良いか。。只でもちょっと苦しい内容です。
話はつまんないし、踊りは単調なふりつけ。
席があいてたので、幕間の後は最前列で見てたのですがそれでも迫力がない。
学芸会でももうすこし練ったシナリオでやるんではなかろうか。
インド舞踊とヒップホップを足して10で割ったような踊りもなんとかして
欲しい。
役者が凄い下手というわけでもないし、ようするにだるい内容なんですね。
語り部が出てきていっぱいしゃべらないと話が進まないというのもなあ。

井上一馬さんの肩から二の腕にかけての筋肉はすばらしいものがありました。
ほぼ前半だけしか出てないというのはもったいないぞ。
おかげで後半は見るところがないではないか(笑)

----------------------------------------------------------------------
題名:イケタライク
日時:97年7月5日15:10-16:10
場所:テアトルフォンテホール(相鉄線いずみ中央駅前)
劇団:イデビアンクルー
料金:前売り2500円
座席:最前列中央

私は池袋コミュニティカレッジ「イデビアンダンス」の生徒でした。井手さんの
弟子というよりは毎回レッスン後の飲み仲間といった方が良いでしょう(^^;;)
井手先生からの「コレタラキテネ」のお誘いにのって遥々見に行きました。
で、長いことタイトルを「コレタラキテネ」と勘違いしてました(^^;;)
それにしても遠いですねえ。いずみ中央駅前にはこどもたちの水遊び用の池が
ありました。小さな子供が遊んでいる中にまじって私もばしゃばしゃ(^^)
テアトルフォンテはそれなりに大きくきれいな劇場でした。
さて幕が開くと薄暗い照明の中で伸びやかに踊る影がひとつ。。
これからの内容を期待させるものです。影がすーっとひっこむと、かわって
和服の群舞、なんど見ても迫力ありますよねえ。
それからはお約束の黒のレオタードに白のブリーフ、ブリーフを足元まで脱いで
そのまま踊るというのは初めてみましたが、何とも言えない味わいですねえ。
さて、今回なんといっても凄かったのは井手さん本人の登場でしょう。
井手さんには目がすいつけられてしまいます。他の人と全く異なる動きをしており、
なんだか関節がふたつみっつ多いように見えます。ひょっとしたら火星人なのかも。。
井手さんのダンスをかいま見るだけでも遠くまで来たかいがあったという
ものです。真ん中あたりでは私たちがカルチャースクールで途中まで教わっ
た振り付けをフルバージョンで見ることが出来ました。曲はYELLO のHow How
本職が踊るとここまでかっこいいふりつけなんですねえ(私は教わったといっても
踊れるわけではありません、念のため)
エンディングのクラシックに乗せた振り付けもなかなかおもしろいものでした 。
これは何かのパロディになってるんでしょうか。
井手さんの人間離れした動きを見るだけでも見る価値があります。
皆さん見に行きましょう


P.S.
帰りにはYELLOのCDを買ってきてしまいました。
なつかしいです。


----------------------------------------------------------------------
題名:鈴本早朝寄席
日時:97年7月06日10:13-11:30
場所:鈴本演芸場
座席:2列目右端
料金:500円

演目  

菊之丞        金明竹
菊翔           出来心
菊之丞         あたご山


ひさびさに定刻前にきてみたら、開演時間が大幅におくれました。
世の中こんなものなのね。  
なんでも残りふたりがお休みだそうでふたり会になってしまいました。
ひさびさにあたご山を聞いたのですが、かわらけの端を欠かないと
なぜ右に行くのか不思議で不思議でしょうがない。。

----------------------------------------------------------------------
題名:仮面のロマネスク・ゴールデンデイズ
日時:97年7月06日15:30-18:35
場所:東京宝塚劇場
劇団:宝塚歌劇雪組
座席:3階イ−38(3階最前列中央)
料金:D席1100円

せっかく3Fの最前列で見たのに全然記憶がありません ;_;
ゴールデンデイズはおもしろかったような気がします。

----------------------------------------------------------------------
題名:鈴本早朝寄席
日時:97年7月13日10:00-11:30
場所:鈴本演芸場
座席:2列目右端
料金:500円

演目
 
さん光         壺算
扇辰           片棒
金八           りんきのこま
小のり         お見立て

感想かきそびれてしまいました。

----------------------------------------------------------------------
題名:例の件だけど、
日時:97年7月13日14:00-16:20
場所:紀伊國屋サザンシアター
劇団:自転車キンクリートSTORE
座席:7列目9番
料金:A席4200円

話は赤穂浪士討ち入りした後の処分を決める幕臣の苦悩。
それを全部背広姿でやるからすごい。たしかに今も昔も宮仕えの
苦悩は同じかもしれませんねえ。共感も出来るなかなか興味深い出来に
なってました。

----------------------------------------------------------------------
題名:子供のためのシェイクスピア「リア王」
日時:97年7月20日14:00-16:15
場所:パナソニック・グローブ座
座席:2FL33(2階最前列中央付近)
料金:指定席4000円

人形がいい!リア王くんがすごくかわいい。
手拍子も不気味に楽しい。私も一緒になって叩いてしまいました。
私は悲劇はあんまり好きでないんですが、随所で楽しめて
なかなか良かった。

----------------------------------------------------------------------
題名:名作落語アワー
日時:97年7月27日10:30-12:15(ここで仲入)
場所:池袋演芸場
座席:4列目左より
料金:当日800円

演目
小多け     子褒め
桂小南治    かぼちゃや
五街道雲助   宿屋の富
鈴々舎馬桜   淀五郎
  ここで仲入--仲入までしか聞けませんでした

ほぼ満員。前売500円で最後まで聞けば3時間、これなら満員になるのも
うなづけますね。PerfecTV! の番組収録を行なってました。
雲助さん聞くのははじめて。やたら名前聞いてたなーと思ったら雲助さんの
WWWページ見てたんですね。こっけいなところがなかなかおもしろいです。
とくに見せ場?のあたり籤だとわかるところがいいですね。ぷぷっとなって
しまいました。
馬桜さんは芝居が本当に好きなのでしょうか。芝居やってるところが
イキイキとしてました。淀五郎はかっこいいですよね。
こんな判官なら舞台で見てみたい。

----------------------------------------------------------------------
題名:キル
日時:97年7月27日13:00-15:30(途中休憩あり)
場所:シアターコクーン
劇団:野田地図
座席:E−5(多少前方左より)
料金:S席8000円

古田さんの純朴なけだものの愛もまた結構いける。
でも今回の方が見ててテンション上がらなかったんですねえ。
おもしろいんだけどなぜだろう?

----------------------------------------------------------------------
題名:鈴本早朝寄席
日時:97年8月10日 10:00-11:40
場所:鈴本演芸場
料金:500円
座席:2列目右端

演目
久蔵     浮世床(将棋〜太閤記)
金八     そば清
喜助      八五郎出世
   
海外旅行の帰りに聞きました。
成田についたのが7時、朝一番のモーニングライナーに乗って
鈴本演芸場には9時15分ころにつきました。開場まで15分位待ったでしょうか。
私は成田から帰ってくるときは、京成で来て京成上野から上野広小路まで歩いて
バスに乗ります。そういうわけで鈴本演芸場が帰路途上にあるのでした。
帰国早々落語を聞くと本当に日本に帰ったなあという気になります。
皆さんも是非試してみてください。

久蔵さんは照れ笑いがなんともはやおかしいですね。
金八さんの「どおーもっ」ってのは確かに耳に残っちゃいました。
思わず蕎麦食いたくなったけど、昼飯は違ったなあ(^^;;)
喜助さんは圧巻でした。最後の独白では思わずほろりと。。

----------------------------------------------------------------------
題名:THE WINDS OF GOD
日時:97年8月16日 13:30-15:30 
場所:金沢市民芸術村  ドラマ工房 Pit2
劇団:ステージ・アウラ・ムーブメント・プロデュース
料金:当日2500円
座席:最後列中央
演出:東修
出演:東オサム、椿つねひろ、宮川元気、浅井慶、米屋政友、八田直樹、他

丁度帰省中に上演しているのをローカルニュースで知って見に行きました。
この作品は初見、お盆に見るというのはなんとも言えない雰囲気がありますね。
当日券の客もはいってほぼ満員でした。
最初の場面はどうも違和感がありました。つまらない漫才師という設定は
わかるんですが、神父も一緒にすべっているとなるとさすがにちょっと。。。
しかし戦争中にタイムスリップした後はするするとひきこまれていきました。
いや、なかなか良く出来た筋書きですね。
順に特攻に行くときは思わずほろり、いちばんきたのは聖書を燃やさずに
もっていけと渡したところでしょうか。
台詞が完全にははいっていなかったのは惜しい。
兄貴役の椿つねひろさんはなかなかはまりやくを演じていました。
これはオリジナルでも見たかったなあ。


----------------------------------------------------------------------
題名:観能の夕べ
日時:97年8月16日 19:00-20:20 
場所:石川県立能楽堂
料金:1000円
座席:正面5列目中央

番組
伊文字  野村英丘、荒井亮吉、増田秋雄
殺生石  佐々木英一、殿田謙吉、飯島大輔、飯森友春、住駒幸英、吉野晴男、
     炭哲男、山田太佐久、中村清、他

帰省中に親からチケットをわたされたので見にいきました。
能を見るのは二度目です。この前に見たのは25年前、場所も同じ県立能楽堂。
能楽堂できたのは昭和47年だそうですから、出来た年に見ていることになります。
この「観能の夕べ」は夏の間、約二ヵ月にわたって毎週一回上演されています。
冒頭の特別公演を除いて料金は全て1000円、これで狂言と能をひとつずつ
見ることが出来るのですから激安な料金と言えるでしょう。
9月13日まで毎週土曜日番組がありますので、お近くの方は行ってみてください。
客席は7ー8割の入りでした。座る場所さえ選ばなければ開演ぎりぎりでも
大丈夫でしょう。

「伊文字」は、独身の主人が仏様にどこかにいいひとはいないか願をかけたら
夢でおつげを得たので太郎冠者に行かせるとはたして女がいて「恋しくば
問うても来ませ い。。]と言い残して去って行きます。どこに来い、という
肝腎なところを聞きのがしたんですね。頭の『い』のひと文字だけがわかっている
のでそれから先の下の句を知る者を、関所を作って通行人からさがすことにします。
ちょうど通り掛かった不幸なひとは先を急ぐ奉公人、おまえが知らないものを
私が知るわけないだろう!としごくまっとうな反論をして場を立ち去ろうと
するのですが、全然許してくれません。そこであてずっぽうで『い』ではじまる
国の名をあげていって、太郎冠者がただしいかどうか判断するということに
なりました。はずれる、はずれる、3つめであたり!そしたらこんどは
里の名前もあてろという、やっぱり頭は『い』、おいおいそんなはなしいったい
どこからでたんや???無事里の名前もいいあてや解放されたのでした。
とんでもない筋書きでけっこうおかしいものですねえ。
これだけで千円払ってもおしくないと思いました。

「殺生石」はおぼうさんが殺生石に近付こうとするところを女に止められて由来を
聞かされます。それならばと仏事を行って成仏を祈ると恐ろしい狐鬼があらわれて
正体をあかします。鬼は改心を誓ってさります。
シテの舞はかっこいいのですが、謡の間はさっぱり筋がおえなくて困りました(^^;)
間でそれまでの粗筋を聞いて納得。前半の女と中入後の鬼との対比がいいですね。
私の隣に座っていた若い男性は謡の本でフォローしながら見ていました。
私も今度はそうしよう。千円なら毎週見たい。

話はかわりますが、私はちらしに[中入]と書いてあるのをみて、てっきり休憩が
はいるものだと勘違いしてしまいました。シテが中にはいるタイミングなのですね。
なんだかわからなくてうちへ帰って親に聞いて疑問がとけました(^^;;)

----------------------------------------------------------------------
題名:じゃばら
日時:97年8月17日18:30-19:00, 19:10-21:20
場所:本多劇場
劇団:遊気舎
座席:E列17番
料金:前売3500円

18:30−19:00 遊気舎ハンマープライス’97
19:10−21:20 芝居

ハンマープライス大受け、後藤ひろひと大王のシナリオは安かった。
私は金は持っていたのですが、書いてもらうネタが思いつかず断念。
とにかく競り落としてから考えれば良かったなあ。
本編はまずまずといったところでしょうか。エレファントマンのところが
いまひとつしっくりいかなかったのでした。

----------------------------------------------------------------------
題名:立川流広小路寄席三部
日時:97年8月26日18:00-21:00(18:30からみました)
場所:お江戸上野広小路亭
座席:最後列真ん中
料金:1500円

演目  
(立川談坊       聞けませんでした)
快楽亭ブラック  談坊の7人の侍
土橋亭里う馬    へっつい幽霊
立川笑志    夏どろ
桂文字助        のっぺらぼう
立川談之助   桑名船

前半分が桟敷+座椅子、後ろ半分がパイプ椅子、ほぼ満員でした。
立川流も上野広小路亭も本当に久々です。最近は早朝寄席だけしか
聞いていなかったような気がします。
ブラック師匠の噺の中で談坊さんがNHK教育に出てるということでしたが、
何に出てるんでしょう?一度見てみようかな。
夏どろは初めて聞きました。情け無い盗人だこと(^^;;)
そういえば笑志さんが二つ目になって初めて聞いたんじゃないかなあ。
桑名船は古典の筋を踏襲しつつも、講釈のところで大判振舞(^^;) 派手でいいですねえ。
この立川流広小路寄席は二部三部入れ換えなしなので、早く行けるひとには
お買い得だと思います。

----------------------------------------------------------------------
題名:エアポート’97
日時:97年8月31日 14:00-
場所:本多劇場
劇団:らっぱ屋
座席:?
料金:前売3500円

座席の記録なくしてしまいました。
なんか冗長でいまいち、エアポートネタかと思ったら飛行機内ネタ。
でもこれって機内でなくても同じこと出来るとおもうぞ。
飛行機にする必然性がなかったのが残念。

----------------------------------------------------------------------
題名:第38回小石川落語会
日時:1997年9月18日 18:30-21:00
場所:文京区立小石川図書館4階ホール
料金:無料
座席:後方左端

演目
(古今亭菊朗	無精床)      聞けませんでした
三遊亭金太	錦の袈裟
柳家喬太郎	三味線栗毛
仲入り
三遊亭金太	持参金
柳家喬太郎	転宅

図書館で行なわれる落語会です。春と秋の年2回あります。
台風がきているというのに満員でした。仲入でばらばら帰ったのはさすがに
近くのひとたちがちょっと見にきてるせいでしょうか。
CATV用に録画も行なわれていました。
金太さんは地元小石川の出身、喬太郎さんは小石川落語会初出演だそうです。

錦の袈裟はおかみさんがとても元気です。
三味線栗毛ははじめてききました。殿様になったという話を聞いたにしきぎの
表情がかわっていくところがいいですね。題名の由来と成る下げですが、本編と
全く関係無い小噺が挿入されてる感がありました。なんでこうなったんでしょう。
喬太郎さんのノリが少々悪くていろいろとちっていたのは残念。
持参金の冒頭で金太さんは実家の理髪店の宣伝(^^;)、私も髪を切って貰ったことが
あります。嫁の描写がなかなかいやらしくされてました。
転宅はおばかさんの泥棒が本当にかわいい。喬太郎さんのパワー全開と言った
感じでした。

これで只ですからいいですねー。春秋と言わずに毎月やってくれないかなあ。

----------------------------------------------------------------------
題名:ミュージカル『スパイものがたり--へのへのもへじの謎--』
日時:97年10月8日/12日19:00-21:10.
場所:青山円形劇
劇団:青山円形劇場+演劇企画集団66プロデュース
座席:F44(右手舞台後方)/B7(左手)
料金:4000円

招待券で見させていただきました。ありがたいことです。
「第11回青山演劇フェスティバル別役実の世界1997」の第一弾です。
劇場はほぼ満員。オープニングの演奏でもうじんわりきてしまいました。
これは地球に堕ちてきたスパイだったのですね。
スパイ役の富田さんはもちろん味わい深かいのですが、ヒロインの剱持さんがいい。
かわいくてどこかいっちゃってる目をしてます(^^) 不条理の世界にどAぷり
浸りつつ、四畳半フォークの世界に同時にはまるという幸せを味わってきました
第三幕の冒頭にかかる「雨が空から降れば」これを聞いた途端に泣けて
しまいました。なんか時計の針を逆戻しした感じ。この芝居で出来た歌
だったんですねえ。
メインテーマ?の
「ある日スパイがやってきてあるひ小さな恋をしてある日突然いなくなる。。」
耳にずっと残ってます。
惜しかったのは映写フィルムのトラブルでエピローグがまともに行なわれなかった
ことです。うーんどういうおちだったのだろう。

−−−

エンディングが気になりまして、もういちど見てきました。だいたい9割のいり。
前回見た時、気に留めなかったのですが、「雨が空から降れば」って
舞台の様子をそのまま描いていたんですね。
おのおのの歌詞にも味があるんだなあ。六文銭の世界に
どっぷり浸っているだけでも十分に価値があります。
芝居も緩急があってあきさせません。いちばんおかしかったのは
泥棒と警官のおっかけっこ、歌詞でも働かない公僕を揶揄していて
なかなかないすです。

さて最後のフィルムですが、これを見るのと見ないのとでは
終わった感じがぜんぜん違いました。なんか禅問答みたいですね。
さてあのなぞはどうやって解くのでしょうか?
このフィルムは初演で使われたものをそのまま使っているそうです。
よくもまあ残っていたものですね。


----------------------------------------------------------------------
題名:鈴本早朝寄席
日時:97年10月12日10:00-11:30
場所:鈴本演芸場
座席:2列目右端
料金:500円

演目
金八  芋俵
助平  反対車
扇好    強情灸
佐助  宿屋の富


芋俵ははじめてききました。なるほどという落ち
ですねえ。これって後日談ないのかなあ。
助平さん、情けない車引きもなかなかよいです。
ドラム缶飛び越すところは大迫力でしたが、
舞台の床が心配でした(^^;)
車は大宮へ行って芸者をあげる段階で終わりました
佐助さんはじめて聞きました。なんでも最近
二つ目になったとか。初々しくて良いものです。
もうちょっとたっぷり演じてくれてもよかったかな。


----------------------------------------------------------------------
題名:いのうえ歌舞伎 髑髏城の七人
日時:97年10月12日14:00-17:00
場所:サンシャイン劇場
劇団:劇団☆新感線
座席:1階7列17番(5列め中央)
料金:S席5000円

オフで見させていただきました。幹事さまどうもありがとうございます。
いつものことながら迫力満点の歌にダンスに衣装。花道での見栄がきれいに
決まっています。この作品はまともな花道のある劇場で見たいものですね。
捨之助はもちろんいやらしくてすばらしい。蘭兵衛のそろばんがうれしい。
鬼楽因果丸のお人形かわいい、なんかリア王思い出してしまいました。
磯平の鎌二刀流、剣を砥ぎながらの立ち回りなどは殺陣の中でも光って
ましたねえ。本当に後半はテンポよく、息つく暇を与えません。
最後は映画を見てるような終わりかた。
それにしても前半をもうちょっと切って一幕にならないもんでしょうか。
私のお尻にはちょっとこたえる長さでした。

そうそう、鉄騎兵見たとき、「カリオストロの城」連想しました。
斬鉄剣も出てきましたね(^^)



----------------------------------------------------------------------
題名:清水宏のサタデーナイトライブ6
日時:97年10月15日19:30-21:30
場所:ザ・スズナリ
料金:当日2800円
座席:最後列中央

満員です。清水さんを芝居以外で見るのはルピリエでの落語以来初めてです
あの大江戸プロファイル殺人事件は非常に印象深かっただけに楽しみに
していました。
私実はこの手のトークライブを見るのは初めての体験A落語の独演会には
行ってもこの類のものにはなかなか腰が重くて見る機会がありませんでした。
2時間をひとりで持たせてしまう芸と体力にまず感心してしまいました。

いろんな話題が笑いを誘ってスムーズにつながって行きます。
つかみは喪服、最初から笑わせてもらいました。なるまいと思っているのに
親父に似てきているという恐怖は私にもあります。思い当たる節ありまくりで
思わず苦笑い。それにしても喪服の下に着ていたシャツがいいですねえ。
あーゆー派手なの私も欲しい。
いろんなアルバイトの苦労話ネタでは化粧品のDJがいちNん、清水さんがDJ
やってるところに出くわしたら私も思わず買ってしまうかも(^^;)
ダイアナネタは確かに元ネタが良いですね。シンバル漫談は高いテンション&
正論はきまくりっ、シンバルってけっこう雄たけびに うものなんですねえ。
没ネタシリーズは確かに没になっただけのことはあるというか(^^;)
フェチネタは確かにたしかにありそう、かくゆう私も背中の筋肉が。。。
危険フェチのライフセイバーは秀逸でした。
最後はクール宅急便、第一話は大きなガジェットがいっぱいつまっておもしろい。
第二話にはエヴァが出てくるとは。やっぱりはやりだったんですねえ。
(かくゆう私も先週TVと映画を見たばっかり)

それにつけてもこれだけの長丁場、数々のネタをひとりでやる力には
本当に頭が下がります


----------------------------------------------------------------------
題名:ずぶぬれの女
日時:97年9月15日19:30-21:30
場所:ザ・スズナリ
劇団:大人計画
座席:3列目左
料金:当日自由席3200円

なんかまるで中途半端、突然ずぶぬれ女でてきたときはびっくりしたけど
それまで。切れてる人もイッテないし、恐いところもいまいち。
オナニーしてみせるなら本当にしてみせるくらいの迫力がほしい。

----------------------------------------------------------------------
題名:WORLD
劇団:惑星ピスタチオ
日時:1997年9月20日19:00−21:15
場所:シアターアプル
座席:1列31
価格:4500円

B級SF映画をカット割りも含めて舞台で再現しようとした意欲は
おもしろい。でももとの映画のシナリオがおもしろくないからなあ。
蔵之助さんの科学者、腹筋さんのひとり芝居はなかなかいけるんですが。。
ずっとこれだとさすがに見なくなるかも。

----------------------------------------------------------------------
題名:芸術祭十月大歌舞伎夜の部
日時:97年10月4日16:30-20:45
場所:歌舞伎座
座席:2階に列9番
料金:貸切料金6000円

加賀見山故郷旧錦絵(四幕六場)
神田祭

出演:玉三郎、孝夫、勘九郎、友右衛門、孝太郎、新之助、信二郎、左団次

加賀見山故郷旧錦絵は女版忠臣蔵と言われる代表的仇討ち狂言のひとつなのだそうです。
いやらしい悪役岩藤の孝夫さんがとても好きです。後ろの奥女中たちもドリフターズ
みたいでおもしろい。尾上の玉三郎さんのはかなさもみごたえがあります。
しかし、、勘九郎さんの小娘というのは少々無理がありはしませんか???
もちろん通快な殺陣には溜飲をさげていたのですが(^^;;)
神田祭ではそれまで敵味方だった?孝夫・玉三郎コンビで非常に美しい絵に
なる踊りを見せてくれました。こんなイキな祭ならば私も参加したい。

----------------------------------------------------------------------
題名:全身全霊
日時:97年10月5日19:00-21:20
場所:本多劇場
劇団:大川興業
座席:C列5番(ネビュラ前日予約)
料金:当日料金4000円

チョコボールもこけしもない完全なストレートプレイ。
良く出来てるとおもうんだけど、随所におもしろさがあるんですが
終わった後のやるせなさは辛い。

----------------------------------------------------------------------
題名:矢沢永吉
日時:97年10月19日18:00-20:15
場所:横浜アリーナ
座席:アリーナ23列26番
料金:S席7000円

誘われていきました。駅前から大きなタオルを肩にかけて歩く異様な人たちの
列が続きます。アリーナ前では、えいちゃんのシュプレヒコールが至るところで。。
コンサートがはじまると一気に総立ち、、ずっとこのままかと思いきや、
バラードになると全員着席、なんかすごくお行儀が良い観客ですねえ。
アンコール曲では場内全員がタオルを投げ上げてました。なんか異様な風景。
歌としては硬軟いろいろあってなかなか良いかんじでしたね。

----------------------------------------------------------------------
題名:Hit Me Now! Play -Magic Society Vol.3 「大内出血ショウ」
日時:97年10月25日18:00-20:00
場所:ラフォーレミュージアム原宿
劇団:ヘビナ!演術協会
料金:当日3800円
座席:2列目左端

出だしのインパクトは非常に大きいものでした。
いろいろな闇を見せるという口上のもとに、劇場をまっくらにして烏賊を叩き潰す、
と同時に客席からきゃーという悲鳴が。これは烏賊が飛び散ったか?と思いきや
実は水をまいただけでした。闇を見せるということでずっと暗闇で芝居がなされる
かと期待してしまいましたが、そんなことはなくってずっと明かりはついたまま。
最初のつかみがすごすぎたおかげで後の印象がいまひとつ薄くなってしまったのは残念。
変幻自在に話が続いていくのはシナリオの妙なのでしょうか。
最初のひとつながり(といっても切れるところなんてあってないようなものですが)
影絵まではなかなか良い。ホラーも最後に全然解決しないで落としてしまうのも
へんな余韻が残って良いですね。ギャグはそこそこ笑えてましたが、あたりはずれが
いろいろと言った感じでしょうか。後ろの方になるとなんだか息切れした感じに
なるのははたまたシナリオのせいなのでしょうか。


----------------------------------------------------------------------
題名:ラ・カージュ・オ・フォール
日時:97年10月26日12:00-15:00
場所:青山劇場
料金:S席12000円
座席:H列32番(8列目右手)

私が最初にこの作品に出あったのはかれこれ12年前の帝国劇場での初演の時でした。
生まれて初めて当日券なるものを買って、わけもわからずに見はじめてたいへん
楽しんだ記憶があります。あのころは若かったなあ(遠い目になる)
あの時のザザ役の近藤正臣さんは、「この人しかザザをできる人はいない!」と
思わせるくらいの好演だったのに、今回の市村さんを見るとまたまた「この人しか
ザザをできる人はいない!!」と思ってしまいました(^^;;)
一幕の終わりの「私は私」では落涙、ジャンミッシェルが両親に謝るところでも
ふたたび落涙。家族の絆を感じさせる作品です。ザザが化粧をして変身していく
ところでは思わず拍手、いや〜すごい。
ジョルジュの岡田眞澄さんは本当にかわりませんね。私の記憶の底にあるとおりの
感じでした。ジャンミッシェル役の西川さんはなんでひとりだけ浮いた我が侭な
坊やが出てくるの?と思ってしまいましたが、考えてみればまさしくどんぴしゃ
のキャスティングなんですね(^^;;) オカマダンサーがいまいちぴんときません
でしたが、その他はとにかくおもしろい。
フィナーレが終わってもずっと続くスタンディングオベーション、なかなか
良いものですねえ。スタンディングオベーション、私は日本では初めての体験
だったのでした。

----------------------------------------------------------------------
題名:病気
日時:97年10月26日18:00-19:20
場所:青山円形劇場
劇団:シリウォークプロデュース
料金:当日4300円
座席:G列44番(正面最後列)

隣の青山劇場のラ・カージュ・オ・フォールと梯子しました。
ケラリーノ・サンドロヴィッチさんの演出だというのでどれくらい長いのか
びびりながら見てました。いやいや短いというだけでもう及第点(^^;;)
これは巻き込まれ型の不条理話なんですが、なんだか社会で良く見かける
風景のような気がしてなりませんでした。
これはなんだか私には『痛い』作品です。映画の「無能の人」を見ていた時も同様に
胸につきささってくるものがあったのを思いだしてました。
私はしばしば現実をこのようにとらえているのかもしれません。


----------------------------------------------------------------------
題名:続・広島〜弁護士バイロン東京裁判へ〜
日時:97年11月1日19:05-20:55
場所:江古田ストアハウス
料金:当日2000円
劇団:劇団十六夜社
座席:4列目左端

        私は広島見たことないんです。ぶっつけで続を見てみました。
        やっぱり原点見ないで続を見るというのは苦しいものがあったようです。
        登場人物がどうしてこんなふうなのかちょっとわからない点がありました。
        皆元気でうらやましい、若いっていいわね〜というのが第一印象。
        役者は総じて男性陣がいい。ディープ山崎役の大島さんとマッカーサー役の
        榊さんがなかなか良かったような。女性では妹役の浅野さんがいいですね。
        ナレーションをやってた木津さんはなかなか良い味出してましたが、
        裸になるんだったらもうちょっと背筋をつけて欲しいなあと(^^;;)

P.S.
広島というのはつか作品であるのです。この作品はそれをベースに新たに
脚本を作ったものだとか。


----------------------------------------------------------------------
題名:寄席ごっこブラック5夜第二夜ポルノだよ、全員集合!!
日時:97年11月2日18:30-20:55
場所:シアターD/渋谷
料金:前売り2300円
座席:2列目中央

演目
立川志加吾    子誉め
快楽亭ブラック  聖水番屋
林家たい平    柔ちゃん女になる
志加吾、ブラック、杉原みさお、佐川一政  ポルノコント2話
ブラック、杉原みさお、佐川一政、たい平  トーク
快楽亭ブラック  一発のオマンコ浪曲版

シアターDにははじめてはいりましたが、狭いですね。
開場と同時にほぼ満員になってしまいました。最終的には立ち見もいました。
開場前に入場整理券を配っていますので、良い席で見たいひとは早目に
行くと良いでしょう。
聖水番屋はブラック師匠のオハコ、枕では元女子プロレスラーと格闘技プレイを
しようと大阪まで出かけたのに、相撲プレイMコース(単に投げられるだけ)
しかできなくて悲しかった話、女子プロレスラーに落とされるのは気持ち良い
かもと思った私(^^;;;)
ポルノコントはちょっと内容書けません(^^;) 女性が目の前で脱いでも
それだけではど〜ということはないのはやはり歳を取ったせいなのでしょうか;_;
トークもおもしろかったですが、やっぱり書けない(^^;;)
鰻とたくわんとカービン銃には驚いたなあ(意味不明)
最後のはこの作品を浪曲節劇にするとおもしろかろうということで
稲田和浩さんに頼んで浪曲にしたてて貰ったという代物。浪曲でやってみたい
のだが、問題は浪曲師が見付からないことだそうで。実現の暁には是非とも
聞いてみたいものです。ブラック師匠がとつとつとやってなかなか良い出来でした
から、本物がやればそうとうおもしろいんじゃないでしょうか。


----------------------------------------------------------------------
題名:鈴本早朝寄席
日時:97年11月9日10:00-11:30
場所:鈴本演芸場
料金:500円
座席:2列目右端

演目
小のり   佐野山
三三   あくび指南
菊翔   風呂敷
歌扇   寿限無

佐野山ひさびさに聞きました。
相撲噺は私の大好きなジャンルのひとつです。谷風かっこいい。
ちょうど今日が大相撲の初日ですね。
あくび指南を聞いているとなんだかあくびが
うつってしまうのはなぜ?お連れさんのうんざりがよかった。
風呂敷はめりはり効いてなかなか楽しく聞けました。
よっぱらいとあにさんがいいですね。
歌扇さんの「私は12分の男」というのは笑えました。


----------------------------------------------------------------------
題名:住友VISA30周年スペシャル宝塚グランドロマン「EL  DORADO」
日時:97年11月8日17:30-20:40
場所:東京宝塚劇場
劇団:宝塚歌劇月組
料金:D席1100円
座席:3F3列目右手

私、一度はインカ遺跡に行ってみたいんです。でもあまりにも遠いので
まだ遥かな夢。。そゆわけで私には宝塚&インカという一粒で二度美味しい(死語)
であろうという期待をしていきました。もちろんそれは裏切られませんでした@^_^@
宝塚見るのはひさびさでして、今回はとにかくダンスにずっと目を奪われ続けて
いました。どのシーンも気に入っていると入っても良いくらいです。
第二場でまず目が眩みました。いかにも黄金が満ち足りた文化という雰囲気が漂って
きます。きらびやかなダンスはどこを見ていたら良いのかわかりません。
マラガ港のタブラオでのダンスも楽しい。2幕2場のMARINAも
のびのびとした感じで見ててほのぼの。このシーンが終るのがとても残念でした。
もっともっと見ていたいぞ。
私が今回一番気に入ったのはメンドーサ公爵/カパック役の未沙のえるさんでした。
ふた役をこなしながら全然違和感がない。しかもどちらの場面でもいるだけで
舞台に深みを増しているように思えます。
しっかしイグナチオのわがままで国を滅ぼしてしまったという筋書きなんですねー。
ここまで身勝手というのはなかなか出来ないことですね(^^;)
そうそう、イグナシオが口で唄いながらマラゲーニャ踊るところは、
これが落語家の川柳川柳師匠だったらどんなだろうとちょっととんでもない想像して
しまいました(^^;;;) この師匠の持ちネタに「マラゲーニャ」というのが
あるんです。川柳師匠、ちょうどいま鈴本演芸場の昼席の主任しています。


----------------------------------------------------------------------
題名:ホテル カリフォルニア ―私戯曲 県立厚木高校物語―
日時:97年11月16日 14:00-16:45(途中休憩あり)
場所:紀伊国屋ホール
劇団:扉座
料金:当日4300円
座席:A列15番(最前列右手)

満員です。扉座は今回はじめてみました。
これ本当に私小説を舞台でやってしまったって感じですね。
作者の横内さんと私は年齢で数年違うだけで、時代的にはほとんど
オーバーラップしています。しかも私が通っていたのは県内で有数の
受験校で男女比が3:1、、なんか私の高校時代をみてるようでした。
当時は演劇には興味がなかったので、演劇部があったかどうかは
記憶がありません(^^;;) うちも応援団の練習はなかったのですが、
どういうわけか旧制高校の寮歌の練習があったりして、へんながっこうでした。
ダンスのかわりに私たちはずっとファイヤーストームをやってました
おおきな焚火をたいてそのまわりをほとんど裸になって走り回るという
ものです。すっごくハイになっていたのを思い出しました。
革命とか口走っていたのもいたっけなあ。東大はいったからといって
てのひらかえったのはいませんでしたねえ。大学合格はしょせん
スタートラインですし。私も合格するまではいろいろ妄想していましたが(笑)
なんかいままで全然思い出さなかった高校時代が走馬灯のように蘇って
きました。みんなどこかしら同じ様な高校生活を送っているんでしょうね。


----------------------------------------------------------------------
題名:鈴本早朝寄席
日時:97年11月23日10:00-11:30
場所:鈴本演芸場
料金:500円
座席:2列目右端

演目
久蔵   浮世床
金太   悋気の独楽
佐助   干物箱
三三   あくび指南

朝いくとなんだか長蛇の行列が、、、
すわ早朝寄席がぶれいくしたのか?!と思いきや、
米朝、桂雀の独演会チケットの発売日だったのでした。
うーん、思わず並ぼうかと思いましたが、とりあえずは
早朝寄席を聞いてから買いました。おかげでだいぶ後ろ;_;
浮世床はだらだらしている感じが良いですねえ。
これはおもしろいです。
干物箱は今まで誰のを聞いてもどうもおもしろくない。
私は噺そのものにだいぶ好き嫌いができているようです。
あくび指南はいつみてもあくびがうつってしまいます(笑)
中級者向けのあくびもみてみたいものです。


----------------------------------------------------------------------
題名:鈴本早朝寄席
日時:97年11月30日10:00-11:40
場所:鈴本演芸場
料金:500円
座席:7列目右側

演目
鈴之助  浮世床
三三   三井の大黒
三太楼  宿屋の富
金八   時そば

出だしは先週と同じ浮世床、演者によってだいぶ雰囲気がかわっておもしろい
ものです。三井の大黒は初めて聞きました。これには左甚五郎が登場します。
私は甚五郎ものがすきなんですが、今まではどういうわけか縁がなくて今まで
聞けてませんでした。三三さんはネタおろしのようでしたが、噺は水戸黄門を
見てるようなおもしろさですね。
宿屋の富のまくらで「たからくじってなんでそういうんですか?」「外れが
多いからです」、なぜなのかけっこう長い間かんがえちゃいました(^^;)
時そばは聞くたびに思うんですが、1文ちょろまかすための労力考えると
とても割にあわない作業ですよねえ。ずっと褒めまくりって疲れると思う。
まあぽんぽんっと言ってそういう疑問を感じさせないというところ
なのでしょうけど。切れない蕎麦を食べる仕草は熱演でした。

----------------------------------------------------------------------
題名:一龍斎貞水独演会
日時:97年11月30日13:00-16:00
場所:お江戸広小路亭
料金:当日2000円
座席:後方左端

演目

田辺一邑     三方ヶ原軍記より内藤物見の段
一龍斎貞友    宗[王民]と[王民]貞名工苦心談 ([王民]はひとつの文字)
一龍斎貞水    緑林五漢録よりごごうじ?の湯治場
一龍斎貞水    赤穂義士伝神崎東下り
一龍斎貞水    真田入城の一節

ひさびさに講談を聞きました。お江戸広小路亭での講談ははじめてかな?
客席は5割程度のいり、一邑さんと貞友さんは女性です。
一邑さんはこの11月に前座になったそうです。がんばれ!
貞友さんのは誤って烏に三本足を彫ってしまって詫びるのですが、
かえて縁起が良いと誉められる話です。三本足の烏って有名なんでしょうか?
私はまったく知らなかったのですが、知りあいに何人か
貞水さんの最初は泥棒の話、獄門小僧初之助が主役です。鼠小僧に連なる話の最初と
いう感じでしょうか。自分と情婦は兄妹というふれこみで、縁あった旦那(大沢屋)に
家を提供してもらい、情婦は大沢屋の囲われ者になります。いろいろやっていたことが
ばれそうになると大沢屋の女房と情婦を女の嫉妬で刺し違えたようにみせかけて殺し、
大沢屋の娘と結婚して身代を得てしまいます。で、まじめに働いていると、、
後半はホラーになっていきます。このタイトルがいまひとつわからないのですが
ご存知の方いらっしゃらないでしょうか?
さすが貞水さん、終りになるに連れて迫力ましてました。
赤穂義士伝神崎東下りは、脇役の馬食らいの牛五郎の性格はやな奴に描けていて
インパクトあったんですが、その分引いてしまった感がありました(^^;;)
ずっと堪忍したから本懐を遂げられた!!という思いが私にはいまひとつわからない
のかもしれません。
最後は修羅場の語り、いやはや迫力ありますねえ。これも講釈の醍醐味でしょう。

----------------------------------------------------------------------
題名:落語ジャンクション第17回
日時:97年11月24日19:00-21:00
場所:なかの芸能小劇場
料金:DM割り引き1800円
座席:最前列センター

演目
川柳つくし      (ストーカーに狙われる噺)
清水宏        (危険フェチの話)
林家しん平      Mr.ウルトラマンL
柳家喬太郎      (早桶にはいって心を試す話)
三遊亭新潟      (俳優がストーカーにおっかけられる噺)

つくしさんの枕はおもしろい。川柳師匠にウクレレの稽古をさせられたそうです。
清水さんのはマイクさげてスポーツに命かけるフェチのはなし。
リボンむすんだしん平さんはおかまに乗り移ったウルトラマンの噺。
さいごの変身がポイントですね。
喬太郎さんは相手の心をさぐろうと早桶にはいって、遺体の前での話を聞く噺。
これっててっきり古典かと思ってしまいましたが、新作なんですよねえ。
新潟さんのはこれまたストーカーの噺、最後はパプアニューギニアまで
行くのが凄い。

----------------------------------------------------------------------
題名:夜会Vol.9 『2/2』
日時:97年11月27日20:00-22:20(途中休憩あり)
場所:シアターコクーン
料金:S席13000円
座席:1階P列右端

一昨年のリメイク。前回はまた見たいと思ったのだが、今回はそう思えない。
どんどん過剰な説明・説教臭さがふえている気がする。
いったい中島みゆきはどこへ行くのだろう。

----------------------------------------------------------------------
題名:凄い金魚
場所: シアターVアカサカ
日時: 97年11月30日 18:00-19:55
劇団:ラッパ屋
座席:C列7番
料金:3500円

ラッパ屋は裸天国から見ています。そのまえの作品であった凄い金魚の方が
凄いと聞いていたので期待して見に行きました。
表題は事件が起きる家の池にいる金魚、何かがおこりそうになるとばちゃばちゃ
と動いて事を予見させます。舞台は池のまわりの廊下だけです。
いやー噂に違わずおもしろいですねえ。突然まきおこる数々のトラブル、
たたみかけるピンチ、こういうどろどろしたのをあっけらかんとコメディで
描いてくれると全部笑い飛ばせてなかなか爽快です。人生ぐちゃぐちゃになっていく
過程は私も多少経験がありますので、うんうん大変よなあと頷きながら見る場面も(^^:)
それにしてもおとーさんは羨ましい。なんといっても一番幸せですよねえ。

ところで、巨大金魚は本当に存在したのでしょうか???

----------------------------------------------------------------------
題名:ザッツ・レビュー
日時:97年12月3日17:30-20:30
場所:東京宝塚劇場
劇団:宝塚歌劇花組
料金:D席1100円
座席:3Fロ−27

一本立ての作品です。東京宝塚劇場が出来る際のストーリーとなっています。
この作品で私は真矢みきさんにほれなおしました*^_^*
このシナリオをこれほどまでに見ることが出来る作品にしたのは、なんといっても
真矢みきさんの力量によるものでしょう。もちろん他の方々も本当によく頑張って
います。ともすればざっと流れてしまいそうな舞台を皆でよく盛り上げていますね。
レビューで気にいったのは、「花詩集C」の真矢みきさんのドレス姿の妖しい
魅力と「すみれの花咲く頃」のボレロの美しさ。みきさんのドレス姿は
なんというかすごく引き付けられるものがあったのですね。目がすいよせられてました。
ボレロ、この燕尾服の群舞は本当に出色のできです。これを見るためだけに
もう一回見に行っても良いかもとも思いました。
これで東京宝塚劇場で見ることがないかと思うと残念です。

----------------------------------------------------------------------
題名:人間風車
日時:97年12月6日19:00-21:12
場所:紀伊国屋ホール
劇団:遊気舎
料金:3800円
座席:I列4番

これはいつもの遊気舎とは違います。ちょっと緩和するシーンもありますが、
ほとんどがずっとシリアスな場面でつながっていきます。最後にはホラーに。。。
童話作家が出るのにこれほどなものになっていくとは思いませんでした。
いつものキャラクタは一切出てきません(前説には出てきます)
いちばん恐かったのは殺戮のセッティングをする作家の物語、実際に
実物を見るより言葉でかたられる方が恐いものがありました。
とてもよくできたシナリオだと思いましたね。
平川役の三上さんが客演で良い味だしてます。サム役の山本忠さんも
気に入りました。最後の呪いを解く?物語ではクサイと思っていながら
泣けてしまいました。ああこれでうべんさんのもっと出番があったらなあ。

これは確かに賛否がわかれるでしょうねえ。私はこういうストレートな
作品もなかなか良いと思いましたが、ギャグも捨て難い。こういう
方向でいくなら、シリアスとギャグとを交互に公演してもらいたい
ものです。

P。S。
昼間はプレッシャーというチャーリーシーン主演のサイコホラー映画見てました。
これは招待券をもらったので見に行ったのですが、まさか昼夜ともホラーになろ
うとは思いもしませんでした(^^;;)

----------------------------------------------------------------------
題名:十二月大歌舞伎
日時:97年12月8日13:55-15:40
場所:歌舞伎座
料金:第三幕幕見1100円
座席:幕見席中央後方

演目
    盲目物語

出演者
勘九郎 弥市、秀吉
玉三郎 お市の方、淀君
団十郎 柴田勝家

20年ぶり位で上京した母親を連れて見に行きました。歌舞伎座の雰囲気を
味わってみたいが、ずっと見る気力がない、とのことで幕見です。
さすがに平日の幕見は空いてますね。
母親の感想は「玉三郎が本当にきれい、良いもの見せて貰った、これからは
歌舞伎中継見てもこんなふうになってるんだと想像出来るので嬉しい」でした。
ぶっつけでいったわりには満足して貰えて一安心と言ったところです。
母親の感想でもあるように本当に玉三郎がきれいでした。
勘九郎の弥市・秀吉の早変わりもなかなか見事なものです。
私は秀吉の方が好きでしたね。クライマックスの琴と三味線の合奏がこれまた美しい。
でもせりあがりがあがりすぎていて?幕見席から琴の演者が見えなかったのは
残念でした。


----------------------------------------------------------------------
題名:談春紀伊国屋三夜 第二夜
日時:97年12月10日18:30-21:25(18:50ころから聞きました)
場所:紀伊國屋ホール
料金:当日指定6500円
座席:補助席右側2列目

演目
                    (口上   見逃しました)
立川談春       替り目
談春・さだまさし   トーク
さだまさし・石川鷹彦 コンサート
                        精霊流しの出だし
                        神田川の替え唄
            案山子
                        無縁坂
                        修二会
                        風に立つライオン
立川談春       文七元結

実は7時開演だと思いこんでいました(^^;;)
ちょうど替り目がはじまったあたりではいりました。ほぼ満員です。
私は談春さんのつっこみが好きなんで、替り目はなかなかいいです(^^)
さださんのコンサートはトーク満載、天井はりのアルバイト話でした。
私は高所恐怖症なんで、聞いてるだけで手に汗握ってしまいました(^^;;)
実は前前日に20年ぶりに上京した母親を連れて、母親が幼稚園の頃住んでいた
場所をさがして東京探索していました。気がつかないでいるうちに母親は
小さくなってしまったなあという思いをいだきました。で、そんな状態で
無縁坂を聞いたものですから、泣ける泣ける(^^;;;)
さだまさしさんの歌を直接聞いたのははじめてですが、いいもんですねえ。
さださんは大幅に時間を超過してしまったらしいのですが、その後の談春さんも
しっかりやってくれました。長兵衛さんが文七に50両やるシーンではこれまた
泣けました。どんどん気持ちが盛り上がって行きます。
今回はこの噺に後日談をつけてくれました。なぜ50両をやっちゃったか?
やってしまったものはしかたないじゃないの!?まあしかたないですよねえ


----------------------------------------------------------------------
題名:ザ・ロッキーホラーショウ
日時:97年12月13日19:00-21:15(途中休憩あり)
場所:パルコ劇場
料金:7350円
座席:J列28番

ニフティサーブのFMUSICAL のオフとして楽しませていただきました。
幹事さんいろいろ準備ご苦労様でした。やっぱりこれは参加しないとおもしろく
ないですねえ。ひとりで行っていたらずっと引きまくってつまんなかったと思います。
20人以上でいっせいに踊りだすからこそ、私でもなんとか参加できました。
雨のシーンでは新聞紙をあたまにかぶれたし、ペンライトはふれたし、
タイムワープは踊れたし、本当に楽しいひとときでした。
皆で水色のタイをして、チーフをつけて気分はもうブラッド。
エンディングでも楽しく踊ってました。おかげで芝居の後のビールが美味しいこと!!
細川俊之さんの網タイツ姿はインパクトありました。
それにしてもファントムのおねえさまたちはきれい。ガーターいいなあ(笑)
ROLLYさんも安岡さんも迫力満点でした。
エンディングでもう少し躍らせてくれればもっとよかったのになあ。


----------------------------------------------------------------------
題名:茶バシラ(パークタワーネクストダンスフェスティバル97)
日時:97年12月23日15:30-16:30
場所:パークタワーホール
料金:当日3300円
劇団:イデビアン・クルー
座席:3列目中央

開演45分前にはロビーまでいれてくれました。
無料で緑茶を出してくれます。おかしもあります。うれしい。
ここパークタワーではいろいろな催し物をやっています。
B1Fの通路では玉乗りパントマイムといった芸を見せてました。
1Fではクリスマスの玩具展がありました。ダンスみなくても
なかなか楽しめます(^^)
さてこの作品を見るには真ん中の真ん中の席がもっとも良いとか。
確かにここでも十分楽しめましたが、もうちょっと後ろの方が見やすいでしょう。

ダンサーは赤いワンピースで登場!!ついにパンツを脱いだイデビアンか?!!
いままでと違ったやたらノリの良い曲がかかりました。
なんだか美術館で巨大な壁画か箱庭を見ているよう、動く美術ですね。
いろんなところでいろんな動きがあるのでとても一度では見切れません。
私はとくに鎌倉さんの動きが気にいりました。体も動きも派手ですよねえ。
そうこうしているうちにおなじみのパンツ登場、皆で居眠り、
まるであくび指南を聞いてるみたい、私にまであくびが(^^;;)
後半はいつものギャグです。子供たちが皆で遊んでいるみたい。私も一緒に
遊びたい。私は、3人が一組となってぐるぐるまわりながら楽しい真似っこの
くりかえしの斉藤・鎌倉・金谷組の動きが一番おもしろく感じました。
全員が両手を広げて舞台を駆け抜けたのにはちょっとびっくり。

そうそう、終わりがなんだか唐突でしたね。え?これでおわり?って
思っちゃいました。余韻を残しておもしろい試みだと思いますが、
拍手をするタイミングがわかりません(^^;;;)

来年3月にはグローブ座で公演があります。前売券を売っていたので
思わず買ってしまいました。どんなものになるか楽しみです。



----------------------------------------------------------------------
題名:煽動する女
日時:97年12月23日19:00-21:00
場所:紀伊國屋ホール
料金:4200円
劇団:CURATE246−T
座席:P列12番(後方中央)
出演:西牟田恵、小須田康人、佐々木蔵之助、田中哲司

幕があがると女子高生の制服姿がずらり、マネキンの後ろ姿だったんですね。
登場人物は4人、早変わりでいくつかの話が錯綜して展開していきます。
こういう多重構造は見ていて楽しい。一番の見所はなんと言っても
小須田さんたちの制服姿でしょう(^^) 渋谷でのロケは実際に見たかったなあ。
後半は宗教らしき集団の修行??から脱走へと話が収斂していきます。
修行途中のエチュード、とくに蔵之助さんの妖怪人間ベムが絶品、
私はこの作品をリアルタイムで見ていただけにすっごくおもしろいのですが
若い世代はどう思ってるのでしょうか。後半は話をまとめる方向に
いっちゃったのはちょっと残念、前半の感じでつっぱしってくれれば
よかったのに。そもそも修行に参加してしまえば、そうそう半端な根性では
扇動する気力がわかないのではないかと。。


----------------------------------------------------------------------
題名:Jesus Christ Superstar
日時:97年12月27日16:00-18:00(途中休憩あり)
場所:世宗文化会館(Sejong Cultural Center, ソウル)
料金:A席30000ウォン(3000円弱)
座席:2階右手前方

ホテルの部屋におかれた週末行事案内をみて上演されていることを知りました。
料金はR席70000ウォン、S席50000ウォン、A席30000ウォン、B20000ウォンで
した。開演45分ほどまえに劇場窓口へいくとちゃんと空席がありました。しか
し、、、ここではクレジットカードが使えないのでした ;_; 有り金はたいて
ようやくA席をゲット。金を窓口の人に渡したとたんに、女子高生?らしきかわ
いいおねえさんに声をかけられました。どうみてもチケットのさばきです。
うーん声をかけるなら金を払う前にしてほしかったなあ>おねえさん
もちろんなすすべもなくわたしは劇場からチケットを買ったのでした。
何やら引き換え券らしきものとチケットを交換する場所が作られていました。
招待券も相当出てるようでしたね。

世宗文化会館は客席が3階まである非常に広い劇場です。なかなか立派なつくり
です。さて土産物でもさがすべえと思って見渡したのですが、館内に土産物屋が
ない ;_; 売ってるのはのみものやサンドイッチそれにプログラムだけでした。
プログラムは5000ウォンで立派です。もちろんすべてハングル、ああこれが
読めたら。。。

開演のベルが鳴りました。すると人がどんどん動きはじめるではありませんか。
どうやら空いている席に勝手に移動しているようです。おくればせながら私も
少々前の方の席へ移りました。この動きは恐ろしく広範囲に行われていて、
席の指定は行ったいなんなんだーと思ったくらいでした。もちろんその席の
チケットを持っている人がくればどいて他の席へと移っていました。
おかねなくてA席買ってよかった。

聞き覚えのあるメロディが流れてくると開幕です。舞台に傾斜をつけてあるのが
唯一のセットでした。芝居はもちろんすべて韓国語で行われました。まあ筋じた
いは難しいものではありませんから言語による不自由はさほど感じませんでしね。
ユダはアイドルロッカーと言った風情です。イエスはさすがにすばらしい声で
すごい迫力。マリアは耳に心地よい声でした。
イエスが十字架を背負って歩くシーンでは泣けてしまいました。
わたしって自分で意識していたよりJCSが好きかも。。

残念なことに私はジーザスクライストスーパースターは1度だけそれも10年前に
江戸版を見たきりです。それゆえどこらへんが独自の演出なのかはわかりません。
でも時間的なものから少々はしょってある感じは受けました。それから軍隊の
制服が黒ずくめの現代的なもの、えらいさんがロシアのような軍服を着ていたが
ちょっと変わってました。韓国の人はみな細めなので黒づくめの軍服きると
とってもかっこいいです。終わりは十字架にかけられて、そこからそのまま
昇天していきました。なんだかちょっとあっけない。

見終わってもその日はずっとあたまがJCSになってました。
蟹のキムチをくいながらも思わず鼻歌で出ていました(^^;)
異国の地で芝居をみるっていいものですね。

----------------------------------------------------------------------
題名:『um..』−架空の存在条件を基盤とする造形−
日時:97年12月31日15:30-16:40
場所:金沢市民芸術村ドラマ工房
料金:1500円
劇団:エスキー・ヌーバ
構成・演出・振付:喜多尾浩代
座席:正面右手

ヌーベル・ダンス・パフォーマンスだそうです。
帰省したおりにみました。金沢市民芸術村は実家から徒歩10分
かからない場所にあります。入場の時にもらったパンフレbトにはこうありました。

「会場には、自分の意志だけではなく物理的条件により、情報を流入もしくは
 制御可能な客席を設けてあります。開場から開演までの間(30分間)、場内を
 自由に移動して座席をお選び頂くことから、本パフォーマンスが始まります。
 本日は、ご来場有り難うございました。」

会場のいりぐちで座布団を配っていました。会場内には舞台をとりかこんで
ジャングルジムのようなものがパイプや板で作られていました。
ところどころに変なおぶじぇがおかれています。このどこにでも座布団を
使って座って良いのでしょう。高所恐怖の私はおのずと選択肢が限られて
しまってちょっとさびしい気分。
開演前に舞台にはすでにひとがひとりいました。青いワンピースを着て
椅子に座り、足は金属のたらいの中につっこんでいます。なんだか瞑想している風情。
開演の時間になりました。何もはじまりません。と思いきやぽつりぽつりと
天井からたらいの中に水滴が落ちてきました。
。。。
15分間他には何も起きません。これはこれですごいかも、でも客は怒るよなあ、
と思いかけたときに、新しい登場人物が出て踊りはじめました。椅子にたらいの
彼女はそのまま瞑想を続けています。
ダンスは4人、ほとんど同じふりつけです。なんだかくねくねと言った感じ。
うーん、もうちょっとメリハリがあったほうが好きかなと。
途中でサランラップを引き出して踏みつけながら歩いていき、途中で体にまきつける
というパフォーマンスがありましたが、これはもうちょっとひねるとけっこう
面白いものになるかもと思いましたね。
最後の最後になって動き出す瞑想していたおねえさん、最後まで瞑想してた方が
かっこいいんじゃないかなあ。終わりはわかりにくくて手をたたきはじめたのは
私がいちばん最初でした(^^;;)
こういうのもダンスなんですね。